ウェディングドレス節約術

ウェディングドレス節約術

着たいドレスはたくさんありますが、結婚式ってドレス以外にも思いのほかお金がかかるものです。
結婚式は一生の思い出ではありますが、ふたりでの生活のスタートラインでもありますので、
節約できるところは節約したいところですよね。
ウェディングドレスの節約術について少しご紹介したいと思います。

●レンタルと購入、どちらが得か考える
レンタルおよび購入の仕方については先にご紹介してきました。
「その後着ることもないのに、買うなんてもったいない」と思いがちですが、
意外と購入した方がお得な場合もありますので、一度考えてみて下さい。
前撮り・挙式・披露宴・二次会と着る場合で、それぞれ別個にドレスレンタル料が発生するような場合は、
ウェディングドレスを購入した方が安くなる場合もあります。

●アイテムの変化だけでお色直しをする
ウェディングドレスの中には、赤い花のコサージュをドレス全体にちらしたり、
大きなピンクのリボンをウェストにつけたりすることができるものもあります。
真っ白のウェディングドレスだったのが、その上に色鮮やかなアイテムが加わるだけで印象が変わりますので
アイテムを追加するだけでお色直しにもなります。
この場合、基本のドレスはウェディングドレス1着になりますので、レンタル料がお得になりますね。

●裾の長さを変えられる2wayドレス
挙式披露宴はロング丈、二次会は裾を変えてミニのウェディングドレスで、などと1着で二役こなすドレスもあります。
袖やストラップの取り外しができるタイプなどもありますよ。

他にも、ドレス専用の下着をレンタルですませたり、先輩花嫁に借りたりもらったりするなど、
節約できるところでは節約したいものですね。

    Copyright(C) Beauty Bridel All Rights Reserved.