ウェディングドレスを購入するという選択肢

ウェディングドレスを購入するという選択肢

一緒に一度のウェディングドレス、せっかくなので自分だけのドレスを着て、
その後も思い出に残したいという方もいらっしゃることでしょう。

そんな方には、①手作り、②オーダーメード、③セミオーダーメードという選択肢があります。

①手作り
もともと裁縫のスキルがある方でないと難しいかもしれませんが、お母様と二人で手作りをする方などもいます。
一生の思い出になりますね。

②オーダーメード
いろいろなドレスショップを見て回ったけれど、コレという運命の一着に出会えない方、オーダーメードなら
ここはこうして欲しい、こういう飾りをつけたい、などなど、あなたの希望を細部まで叶えることができます。
サイズ選びにお困りの体の小さい方・大きい方にもオススメですね。

③セミオーダーメード
ベースとなるドレスがあり、
「これに袖がついていたらいいのだけれど」「このリボンが大きければ良いのだけれど」など
あなたの希望に沿うようにドレスを作り変えてもらうこともできます。
フルオーダーメードよりはお手軽にお願いできますね。

また、上記以外に、ドレスショップなどのレンタルドレスの新品を使い、気に入ったら買い取ることができるようなところもあります。

記念のウェディングドレスを手元に置いておくことができると、
この先うまれるあかちゃんへのベビードレスに作り直したりもできますし、
キレイに保管しておいて将来娘さんが結婚されるときに着てもらうというのも素敵ですよ。

    Copyright(C) Beauty Bridel All Rights Reserved.