海外挙式時のウェディングドレスの手配の仕方

海外挙式時のウェディングドレスの手配の仕方

結婚式はハネムーンや親孝行を兼ねて海外で挙げたいという方もたくさんいらっしゃることでしょう。
そんな時気になるのが、海外挙式時のウェディングドレスの手配はどうすれば良いのかということですね。

海外挙式の場合のウェディングドレスは、
日本で購入したりレンタルしたりして自分で持って行く方法と、
日本で試着したのと同じものを現地でレンタルする方法があります。
日本で選んでおいて現地でレンタルする人が、じっくり選ぶことができますし安心かもしれませんね。
(ちなみに、新郎の衣装は日本で選んでおかずに現地で直接レンタルする人も多いそうです。)

日本で選んで現地でレンタルする場合は、日本国内の海外挙式手配サービス(海外挙式プロデュース会社や海外挙式を請け負っている旅行代理店など)で挙式を申し込む際に、日本にも店舗がある提携ドレスショップを紹介してもらうと便利です。

また、日本で選んだり購入したりしておくと、そのドレスの雰囲気に合わせたヘアメイクのリハーサルもできますね。
国内挙式の場合はヘアメイクのリハーサルをすることが普通ですが、海外挙式の場合、現地でヘアメイクリハーサルをする時間はなかなか取れません。
日本でヘアメイクリハーサルをしておいて、写真を撮っておけば、現地のヘアメイクさんに「こういう風にして下さい」とお願いしやすいですよ。

    Copyright(C) Beauty Bridel All Rights Reserved.